ACCESSで180度回転した文字列を含むレポートを作成するサンプルを紹介します。

以下のようなイメージの180度回転した文字列を含むレポートを作成したいとします。


こんなレポートを何に使うカと言うと.....
3箇所の点線に沿って山折りし、白紙の面をのり付けして、三角の筒を作ります。

すると、会議などで使う名立て手早く出来上がります。

EXCELの機能を使って、文字列を180度回転させました。
つまり、ACCESSEXCELを連携して、機能を実現しました。

ご希望なら、ダウンロードしてご覧下さい。
ダウンロード(Access2007版)

●動作環境
 ・ 会議用名立て.accdbはAccess2007以降に対応したaccdbファイルです。
 ※ Access2007〜2013がインストールされたWindowsパソコンで、動作確認しました。
 ※ 動作させるためには、2007以降のEXCEL必要です。

●初期設定
 ・ ファイルはzip形式で圧縮されています。
 ・ 中身は会議用名立て.accdbというファイルです。
 ・ 会議用名立て.accdbをダブルクリックして起動して下さい。(単独で動作します)
 ※ 予めCドライブにworkexlというフォルダを作っておいて下さい。

●使用方法
 ・ accdbの中には、名簿というテーブルとフォーム1,フォーム1_S名簿というフォームだけです。
 ※ モジュールでMicrosoft OfficeObject Libraryを参照しています。
 ・ 起動すると下のようなフォームが表示されます。

 ※ 表部分は名簿(テーブル)の内容です。
 ・ [会議用名立て]ボタンをクリックすると、「c:\workexl」フォルダに「会議用名立て.xlsx」が出力されます。
   「会議用名立て.xlsx」は自動的に開くようにしてあります。
 ・ 印刷の操作はEXCEL側で行って下さい。

ご意見、お問い合わせは → 

ACCESSの使い方トップページ



〒745-0801 山口県周南市大字久米327-145
中川システム開発 ホームページ
Tel(0834)28-0205 Fax(0834)28-1272